小論文のコツを理解して得点アップを狙いましょう

小論文を練習しよう

勉強道具

小論文で高評価をとるには?

「小論文」と一言で言っても出題形式、希望進路の受験内容、制限時間などの制約など様々なバリエーションがあります。高評価を得るには出題されている命題を明確に理解して、どのような文章内容が求められているのかを把握すること、それに合わせた書き方で文章を作成できることが大切です。

日常の様々なことをメモしよう

私生活を送る中でも情報は常にあふれています。それらに触れることで感じた自身の主観などを、日頃からメモして記録するクセをつけましょう。そうしていくことで、問題提起で迷う場面が少なくなり、文章作成で迷うことを避けることができます。

身近な文章を活用しよう

新聞や雑誌など目にする文章は様々です。それらを多く読むことで表現の幅が増え、ボキャブラリーを深める点で練習になります。またニュースなどのメディアを多角的な視点でとらえるように意識するだけで問題提起に対してより深い理解ができるようになります。

SNSなど身近な話題から練習しましょう

小論文の命題といえばついつい固い内容を連想してしまいがちです。しかし「小論文」とは命題に対して論理的で説得力のある文章を書くことができるかを見るもので、命題が学術的である必要はありません。小論文を練習するうえで書きにくさを感じるようなら難易度を下げてSNSの話題から選ぶなどして順序を踏んでいきましょう。

とにかく知識を深めよう!

小論文を作成する上で命題に対する知識の有無は重要なポイントです。自身の意見に説得性を持たせるためにも、日頃からニュースや新聞などのメディアに触れておきましょう。また、一つの媒体のみではなく様々なメディアから情報を得るようにしましょう。多角的な視野で情報を整理することでより理解が深まったり、どの立場からも意見を書けるようになります。